水漏れを防ぐには防水工事を行なおう|水はけを良くする効果

男性

大切な家を守る

女の人

日本国内に建てられている住宅の多くは木造住宅です。外壁や屋根が板張りになっている家は最近ではほとんど見られなくなりましたが、外壁や屋根の内部には木材が使われているのが普通です。しかし、木材は水分にとても弱いです。水分がしみ込むと木の繊維同士の結びつきが弱まりますから、木材の強度が低下します。おまけにずっと湿り気を帯びた状態が続いていると、木材が腐ってしまいます。時折、建物の防水施工が不十分だったせいで、雨漏りが発生してしまうケースがあります。既に室内で雨漏りが発生してしまっている場合は、建物内部のダメージも相当進んでいると考える必要があります。雨漏りしても気にならないという人は滅多にいませんが、そうなってしまう前に建物内部への水の侵入を防ぐ対策を講じておくのがベストです。もちろん雨漏りが発生した際にも、できるだけ早い段階で適切な対応をとることがとても重要になってきます。

住宅の雨漏りを住人自身が直すことは、現実的にまず不可能です。素人にできることは、落ちてくる水を受け止めたり、テープなどで補強する応急処置程度でしょう、しかし、あくまでも応急処置なので改善されたわけではありません。このまま放置しておくとまた同じ状況になります。そのため雨漏りを根本的に解決するには、水の侵入口を特定し、そこをしっかりと塞いでしまうことが大切です。名古屋でも毎年結構な件数の雨漏りが発生していますが、幸いなことに名古屋には腕の良い住宅営繕業者がたくさんいます。名古屋にお住まいの方が、雨漏りを直してくれる業者を見つけられずに困ってしまう可能性はほぼ皆無です。ただし、同じように名古屋で営業している業者でも、その施工料金にはバラつきが生じています。できるだけ早く業者に来てもらいたいと考えるのが当然ですが、2〜3軒の業者から工事見積をとってみるようにした方がよいです。そうすることで、最適な頼れる業者を選ぶことができ、家の悪かった環境を改善させることができるでしょう。