水漏れを防ぐには防水工事を行なおう|水はけを良くする効果

作業員

雨漏りに気を付けろ

男性

ビルやマンションのメンテナンスは、通常管理会社と契約している場合が多いため管理会社と相談をすることが大事になってきます。実際に工事ができるのかを確認して場合によっては工事会社などに相談することも必要です。その際は工法と予算の検討が必要です。特に防水工事の場合は後のことを考えることが大切です。

もっと読む

水漏れを防ぐには

ワーカー

水がたまる場合

ベランダは雨や風が吹き込む場所なので、水たまりができやすくなります。これを防ぐには、ベランダに水はけが良いように傾斜があることと、水をはじく防水素材が使われていることです。新築時には、表面がしっかりコーティングされているから水をはじくことができますが、コーティングの塗料が経年劣化で弱ってくると、水が漏れるようになります。これを防ぐには、コーティングを塗り直すことでしょう。ただし、ベランダにひび割れが起きている場合は、大がかりな工事を行わないと、コーティングを塗りなおしただけでは防水効果が得られない場合があります。ベランダに傾斜がなくて水がたまってしまう場合などは、水はけが良くなるように傾斜をつけることも可能です。

ひび割れ

ベランダにひび割れができている場合、パテのようなものでひび割れをふさいで防水するか、防水層をきちんと作り直す必要があります。築年数が経っているなら、一時的にパテでふさいだとしても、ほかの部分がひび割れするおそれがあるでしょう。その場合は、思い切って防水層の工事を行うことをおすすめします。ひび割れのできている場所によって修復方法は異なります。なお、ひび割れの原因が、経年劣化などによるものでなく、家が傾いている場合などに起こってくることもあるようです。状態がひどい場合は、専門の業者に家の傾きなどの診断を受けてみた方が良いかもしれません。ベランダの水漏れを防ぐことができるのは、状態が軽い場合でしょう。

大切な家を守る

女の人

室内で雨漏りが発生すると大慌てしてしまうのが当たり前ですが、名古屋にはそんな時にすぐに駆け付けてくれる良い営繕業者がたくさんいます。雨漏り修理で大事なのは、水の侵入口をしっかりと塞ぐことです。そうすることによって、家のダメージを必要最小限で食い止められるようになります。

もっと読む

家の傷みが引き起こす

メンズ

家は住んでいるうちに傷みが発生します。それを放置しておくと雨漏りの原因になるので、早めにメンテナンスしましょう。雨漏り修理を専門の業者に依頼するメリットとして、様々なパターンの雨漏りに対応してくれるというのがあります。

もっと読む